MESSAGE

本居 繁隆 エンジニア/マネージャー
AI ENGINEERRESEARCHERCONSULTANT

「如何にしてプロジェクトをゴールに導くか」また「そのためにすべきことは何か」を常に考え、実践する

私はプロジェクトマネージャーとして「如何にしてプロジェクトをゴールに導くか」また「そのためにすべきことは何か」を常に考え、実践することを心がけています。AI領域におけるシステム開発は、これまで解決できなかった問題・課題をAIによって解決しようとするチャレンジに満ちたものが多く、それゆえ、常に新たな課題と隣り合わせであるという困難さがあります。1つの課題を解決しても、また新たな課題が出てくるということも多いのですが、そのような幾つもの課題を乗り越え、実際に社会で役に立つシステムが出来たとき、お客様と喜びを共有することができます。それもまた、プロジェクトマネージャーの醍醐味の1つだと思います。