株式会社 Ridge-i リッジアイ

PROJECTプロジェクト

地球観測データへのディープラーニング活用

土砂崩れ災害検出など、衛星データへのAI解析事業

1. 宇宙開発利用の新たな領域創造

衛星データ解析へのAI(ディープラーニング)活用の主要分野として、災害対策に参入し、全域で数秒という高速解析と約80%の高精度検出を実現しました。
今後は、雨天・夜間に撮影可能なSARデータを加えた解析、他のセンシングデータ(雨量、地形など)を組合せた解析などの試行を重ね、AIならではの強みを更に磨いていく予定です。

2. 宇宙開発利用市場の拡大

衛星データ解析事業の売上は、年率100%以上の伸びを実現しており、同事業は、大きな成長が期待されます。
リッジアイは、複数の衛星事業者や衛星画像データホルダに加え、衛星データと補完関係がある航空写真やドローン撮影のプレイヤーなどとの協業・事業検討を前進し、ソリューション展開を更に加速してまいります。

3. 産業、生活、行政の高度化及び効率化

Tellusローンチイベントなど多くのイベントで衛星データへのAI解析の可能性について講演を行っています。また国土交通省などが主催する水害及び土砂災害対策検討会での発表などを通じ、災害対策のAI解析事業実用に向けての取り組みを開始しています。
Tellusは衛星データ×AIの活用の可能性を普及する重要なプラットフォームであり、各イベントで講演する他、他社と共同で事例創出を行っています。

4. 技術

リッジアイが開発したAI技術及びその要素技術は、複数の国際学会において、その独自性・先進性を評価されています。
土砂崩れ箇所の解析AIの技術は、AI領域の代表的な国際会議の1つであるNeurIPS2019(Neural Information ProcessingSystems)のワークショップに採択されました。また、土砂崩れ箇所の解析AIの要素技術である異常検知AI技術についても、ACCV2018(Asian Conference on Computer Vision)に論文が採択されています。

5. 普及啓発

各種イベントや会合において、衛星データ×AIの可能性を普及啓蒙する活動を実施しています。研究者、衛星事業者、損害保険会社などの事業会社から多くの関心を寄せていただいいます。国交省とJAXA共催の水害・土砂災害対策検討会(WG)での発表などを通じ、災害対策の実用の面で既に取り組みを開始しており、代表の柳原は宇宙系会合の各委員を務め、衛星データ×AIの利活用知見について専門家に啓蒙活動を行っています。

開発事例・プロダクト一覧へ戻る