これまで見つからなかったキズも発見

外観検査AIソリューション

OVERVIEW 概要

外観検査の自動化に向けて、カメラ・照明・AI導入まで一気通貫サポート

現在行われている目視による外観検査は、担当者の負荷が大きく、また検査品質が担当者によって左右されやすい工程です。
外観検査を自動化するソリューションは様々なものがありますが、透明な樹脂や金属などの光沢のある製品のキズ、目を凝らさないとわからない小さなキズなど、いまだ自動化が難しい検査対象や行程も数多くあり、今後加速する人材不足やスマートファクトリー化に向けて大きな課題となっています。

リッジアイはこの課題に対して、リッジアイが保有する高精度・高精細かつ少数の学習データで学習可能な画像解析AIと、㈱リコーの高度な光学・撮像・画像処理技術を組み合わせたトータルソリューションにより、これまで見えなかったキズを発見し、ワンストップでの省力化・自動化を実現します。

BEFORE AND AFTER 導入前と後の違い

「最適な撮像技術」×「高精度なAIモデル」で、これまで見つからなかったキズも発見

リッジアイの持つ高精度AIモデルは、10枚~100枚程度の良品画像と一部のキズあり画像をもとに開発し、多種多様な微細なキズを検出します。少数のデータでの学習を可能とする独自の技術と高精度化の技術により1ミリ未満の小さなキズや、表面の模様などと非常に似ているキズを自動で検知することが可能です。
また、リコーの高度な光学・撮像技術を駆使し、撮影時に生じてしまう影や光沢ができないような照明環境を構築することができます。
ガラスや金属表面など通常の撮影では光の反射 等で見えなくなってしまうキズも捉えることが可能です。

このように、キズを判別するAIの精度だけでなく、照明の位置やカメラの性能など、照明とAIを対象物に合わせた最適な構成とチューニングを行うことで、これまで自動化が難しかった対象物においてもキズの検出や導入に成功しています。

CASE 活用事例

  • 金属塗装表面の不良検査にむけて撮像環境からゼロベースで構築
  • 透明樹脂のケースの外観検査を撮像システムを用いて省力化
  • 燃焼状態の判別、廃油の濁りなど、動きのある対象の判別(動画でのシーン分類・異常検知
  • 01

    金属表面のへこみ検出

    通常の照明では確認できなかったへこみも検出可能

  • 02

    塗装表面のキズ検出

    光沢のある塗装表面のキズも検出可能

  • 03

    狭い溝にある汚れ

    光の当たりにくい溝でも不良個所を検出可能

  • 04

    難しい透明物の欠陥を検出

    難しい透明物の欠陥を誤検出することなく1mm未満の小さな欠陥も検出可能

このように、光沢のある製品のキズや狭い溝の隙間の汚れに関しては、
製品の形、材質に応じて最適な照明環境を構築することで、どのようなキズも見逃しません。
また、熟練の検査員でも見逃してしまいそうな小さなキズも、高い精度で検出した実績があります。