PROJECT 開発事例

  • HOME
  • 開発事例
  • SDGs/ESGに向けたAIの可能性と取り組み | AI for SDGs

SDGs/ESGに向けたAIの可能性と取り組み | AI for SDGs

AI開発
DX戦略
R&D
データ解析
宇宙・衛星
環境

リッジアイは、社会課題を最先端技術を活用して解決する、というミッションを掲げる社会課題解決型スタートアップ企業です。 衛星画像による土砂崩れの解析や、ドローンの空撮画像から海ごみ解析するAIなど、リッジアイが開発・提供する環境モニタリングAIは、SDGsの目標達成に向けて積極的に取り組んでいます。

プロジェクト概要

  • AI技術はSDGsの目標達成に貢献します
  • 自然環境分野において実用できるサービスを保有しています

SDGs 17の目標に対するアプローチ事例

AI for SDGs

リッジアイでは、SDGs17の目標に対して、自然・環境分野で活用できるアプローチを準備、実用化されているものもあります。

8. 働きがいも 経済成長も
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
スマートファクトリーの実現および業務効率化においてAI化による実績がでており、この一助となるAI技術を提供しております。

13. 気候変動に 具体的な対策を
14. 海の豊かさを守ろう
15. 陸の豊かさも守ろう
宇宙・衛星画像解析AIを利用して、これらの目標に達成に向けてのアプローチおよびサービスを取り揃えています。

これらのSDGsの目標達成にむけたサービスを『環境モニタリングAI』と位置づけてサービスを提供しています。リッジアイでは、よりインパクトのあるサービスを作り上げるために、AIプロジェクトにとどまることなく、各業界のプロフェッショナルと連携して、実用化のクオリティを担保し、サステイナブルなサービスを目指しています。

リッジアイが考えるAI for SDGs

このような社会課題を継続して解くためには、まず環境およびそれに影響を与える社会活動を「見える化=モニタリングする」仕組みを効率的に提供することが、アクションの第一歩と考えています。

リッジアイではカスタムメイドAI開発で、これまで培ってきた様々な要素技術を、環境モニタリングAI、社会活動モニタリングAIとして統合し、迅速かつ継続してソリューションを提供する仕組みを用意しています。

メディア掲載

2020年3月
第4回「宇宙開発利用大賞」経済産業大臣賞受賞「土砂崩れ災害検出など、衛星データへのAI解析事業(外部リンク)
 ー 機械学習の国際会議NeurIPS2019のワークショップで発表しました

2020年8月
ドローンとAIによる海洋ごみの漂着量推定
 ー NHK長崎やNHK Worldなどで放映

2020年8月
Yahoo!ニュース「レーダー衛星画像でモーリシャス重油流出 被害の範囲を知る(外部リンク)